"世界的に見ても日本の賃貸物件の数は多い方であり、シーズンで無い時には多くの物件から選ぶことが出来ます。
ただし引越しシーズンとなってしまいますと、逆に良い物件と出会えなくなってしまうのでタイミングが非常に重要なのです。賃貸物件に住んだ時に毎月支払うのは家賃だけに限ったことではありません。
家賃だけに囚われすぎてしまうと、その他管理費や駐車料金などの存在を忘れがちですので、総支払額を考慮して物件探しをすることが大切です。

 

家賃を設定する時には毎月の収入の3分の1以下に抑えるのが目安となっています。
当然のことですが、家賃が高くなればなるほどその分初期費用として支払う金額が高くなってくることを忘れてはいけません。

 

物件探しでは広さや部屋数はあまりこだわらない方が確かに探しやすくなりますが、荷物が入らなかったでは意味がありません。
今現在利用をしている家具などをそのまま引越しする場合には、その家具を搬入することが出来るかどうかをメジャーなどを使用して計測しておきましょう。"



設定家賃は収入の3分の1以下に抑えようブログ:22-5-27

ダイエットを実行していると、
しばらくの間は「ストーン」といった感じで、
順調に体重が減ります。

ところがしばらく経過すると、
どんなにダイエットに効果的だということを実行しても
体重が減らなくなる時期がきます。

「おいらはダイエットに向いていないかも」
「おいらはダイエットできないんだ」
ダイエットに挫折した経験のある方は、
この時点でこう思ったことはありませんか?

でも、ダイエットをしているときに
なかなか体重が落ちないという時期は誰にでもあるもの。
ダイエットには、停滞期というものが必ず訪れます。

これは、今まで摂れていた食事の量が減ったことで、
身体が飢餓状態に陥っているのではないかと思って、
エネルギーを消費しないようにして、
飢餓を切り抜けようとする身体の本能なんです。

ホメオスタシスとも言うそうですが、
これは誰にでもある、人間のというより、動物の本能なんです。

ダイエットに成功した人と挫折した人との分かれ目は、
ダイエットの停滞期を耐え切ることができるかどうかの
勝負とも言えるかもしれません。

ダイエットをしているときに、なかなか体重が落ちないことは
ダイエットに成功した人も必ず通る道…
このように考えてみてはいかがでしょう。

そうすれば、体重が減らないことに
不安を感じることもなくなり、精神的にも余裕が生まれます。

そして、
「体重が減らない」ということに焦点を当てず、
「体重が増えなかった」ということに着目しましょう。

体重が増えなければ、
ダイエットは少なくとも後退はしていないのですから!



このページの先頭へ戻る